クレジットカード ポイント攻略 副業・ブログ 投資

SBI証券や楽天証券などのクレカ積立上限が10万円/月にUP!積立設定をどうするべきなのか改めて検討してみた

本記事にはアフィリエイトリンクが含まれており、記者に報酬が支払われる可能性があることをご承知願います。

もはやポイ活において必須ともいえるクレカ積立ですが、この度2024年3月8日にクレカ積立上限が5万円/月⇒10万円/月にUPすることが各証券会社から発表されました。

クレカ積立の積立額に応じてポイントが貰えるのでかなりおいしい案件ですよね!

何故このタイミングかというとどうやらSBIホールディングスのニュースリリースによると下記法令改正がされたもよう。

2024年3月8日に金融商品取引業等に関する内閣府令が改正されたことにより、クレカ積立の上限額が月5万円からつみたて投資枠の上限である月10万円に引き上げられました。

SBIホールディングス クレカ積立上限額10万円への引き上げのお知らせより引用

先行してtsumiki証券や大和コネクト証券では法令を満たすよう工夫した結果、既に10万円/月で積立可能でしたが、ついにその他証券会社でも上限解放される運びです。

具体的には2024年3月8日に積立上限が10万円/月にUPが発表されたのは下記証券会社です。

発表済み証券会社

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券

以前は各証券会社ごとに5万円/月までが上限でしたし、対応している証券口座が少なかったのでので計画的にやればほぼすべての証券会社でポイントを貰うことが出来ました。というか5万円/月までしか設定できないので、他の証券会社を開設してクレカ積立をすることでポイント収入を増やそうという動きでした。

ですが、今となっては多くの証券口座でクレカ積立が可能になっているうえに10万円/月が上限となるため話は変わってくるはずです。クレカ積立設定すべき場所とやめてもいい場所が分かれてくるはず。

そこで、本記事では各証券会社のクレカ積立に関して発表されている範囲で比較し、管理人ならどこで優先的に積立設定するのかを解説します。

速報!

●【4月30日まで】本サイトからハピタス新規登録で最大1,300円相当プレゼント詳しくはこちら

【特別URL】ハピタス登録はこちら


\2回線目以降でも対象!下図の三木谷社長リンク限定特典付与!/

各社のクレカ積立についてわかっていること

本記事執筆時点では各証券会社においてクレカ積立10万円/月に上限UP後のポイント還元内容は下記と発表されています。

残念なことに肝心のSBI証券のポイント還元の詳細は未だ発表されていません。おそらくクレカ積立で5%還元のあのカードの影響で調整が難儀しているのでしょう。。。

証券会社クレカ積立上限ポイント還元率その他特色
SBI証券10万円/月不明投信マイレージが強い
楽天証券10万円/月最大1%楽天キャッシュ積立も可能
マネックス証券10万円/月最大1.1%マネックスポイントが優秀
auカブコム証券10万円/月1%シンプルに高還元
tsumiki証券10万円/月最大1.3%クレカ修行可能
大和コネクト証券10万円/月最大1.3%クレカ修行可能
2024年3月8日時点

それぞれについて簡単に解説します。

SBI証券

SBI証券は先に述べた通りクレカ積立が10万円/月にUPした後のポイント還元の詳細は未発表です。SBI証券でクレカ積立に使えるクレジットカードは主に「三井住友カード(NL)シリーズ」や「Oliveフレキシブルペイシリーズ」が挙げられますが、実はこちらの記事で紹介しているように様々な提携カードを使うことが出来ます。

本記事では利用者が多いであろう「三井住友カード(NL)シリーズ」や「Oliveフレキシブルペイシリーズ」で積み立てる前提で解説します。

他の証券会社はクレカ積立が10万円/月になったと同時にポイント還元率の発表がされましたが、SBI証券で発表されないのはおそらく従来の5万円/月が上限の時に「三井住友カード プラチナプリファード」や「Oliveフレキシブルペイプラチナ」を使ったときに5%還元されていたため、それをそのまま10万円/月積立に適用するのが難しく調整が難儀しているのでしょう。

これもおそらくの話ですが、「三井住友カードゴールド(NL)」や「Oliveフレキシブルペイゴールド」の1%還元とそれぞれのノーマルカードの0.5%還元はそのまま適用されるのではないかと思っています。

もしもプラチナプリファードで5%還元がそのまま適用されたらお祭り騒ぎになるでしょうね!三井住友カード プラチナプリファードは年会費が33,000円かかりますが、毎月クレカ積立で10万円/月設定すればポイント収入は5,000pt/月(60,000pt/年)になるため余裕で元を取れるようになります。

他のランクのクレカと比較しても圧倒的にお得なうえにプラチナカードの特典を受けられるのでまさに申し込まない理由がなくなります。

カードランク年会費ポイント還元率月間(年間)年間利益
ノーマルカード無料0.5%(妄想)500pt(6,000pt)6,000pt
ゴールドカード無料(条件付き)1%(妄想)1,000pt(12,000pt)12,000pt
プラチナカード33,000円5%(妄想)5,000pt(60,000pt)27,000pt

さすがにプラチナカードにおいて上記の通りの還元率が実現したらSBI証券ではプラチナカード一択となりそうですね。

正式発表が待ち遠しいです。

楽天証券

楽天証券はクレカ積立が10万円/月に上限UPしても従来と変わらずに応じて下記内容にてポイント還元されると発表されました。

カードランク年会費ポイント還元率月間(年間)年間利益
ノーマルカード無料0.5%500pt(6,000pt)6,000pt
ゴールドカード2,2000.75%750pt(9,000pt)6,800pt
プレミアムカード11,,000円1%1,000pt(12,000pt)1,000pt

クレカ積立に使えるクレジットカードは「楽天カードシリーズ」です。

上記ポイント還元率は代行手数料0.4%未満の投資信託を積み立てた場合の還元率です。もしも代行手数料が0.4%以上の銘柄を積み立てる場合はカードランクに関わらず一律1%の還元率になります。とはいえ、基本的に投資家に人気な「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」などは代行手収量が0.4%未満なので、基本的にはプレミアムカードでない限り1%還元は無いものと考えておきましょう。

注目点としては「ゴールドカード」の年間利益が最も高いことです。従来の5万円/月が積立上限のころは年会費がかからない分ノーマルカードの方が利益とれていたのですが、月間積立上限がUPしたことにより年会費2,200円をを払ってでもゴールドカードにした方がお得なようです。

他にも楽天証券は「楽天キャッシュ積立」があります。これは各クレカからこちらの記事で解説しているようなお得ポイ活ルートからチャージした楽天キャッシュ残高から投資信託の積み立てを行えるので見逃せない機能です。ポイント還元はありませんが、クレカから楽天キャッシュにチャージするまでの過程で2%程度稼げるので実はクレカ積立よりもお得かもしれません。もちろん、楽天キャッシュ積立はクレカ積立とは別枠なので、クレカ積立と合わせると15万円/月の積み立てが行える唯一の証券口座と言えます。

マネックス証券

マネックス証券はクレカ積立に使えるカードが「マネックスカード」のみで、カードランクの区別がないことから従来は一律1.1%還元のポイント還元を受けられていました。しかし、さすがに10万円/月が上限になってから同様の還元を維持することが困難だったようで下表の内容で積立額に応じ還元率が設定されるようになりました。

積立額ポイント還元率
5万円以下の部分1.1%
5万円超過~7万円以下の部分0.6%
7万円超過~10万円以下の部分0.2%

例えば5万円積み立てれば1.1%還元なので550pt還元されます。7万円積み立てれば5万円部分までは550ptで残りの5万円超過~7万円部分までは0.6%還元で120ptの合わせて550+120=670pt還元です。MAXの10万円積み立てると5万円部分までは550ptで残りの5万円超過~7万円部分までは0.6%還元で120pt、7万円超過~10万円の部分で60ptの還元なので合わせて550+120+60=730ptの還元となります。

よって実質下記のような還元率のイメージになりますね。マネックス証券で積み立てるならば5万円/月でストップするのが効率が良さそうです。でもまあ、7万円積立時の還元率も0.96%≒1%なので効率悪くは無いです。10万円積立時の0.73%も効率悪化していますが、他の証券会社と比較すると中間レベルではあります。あくまで従来の一律1.1%還元から比較すると見劣りしてしまうなという話です。

月間積立額ポイント還元数ポイント還元率
5万円550pt1.1%
7万円670pt0.96%
10万円730pt0.73%

auカブコム証券

auカブコム証券は何気に今回のクレカ積立上限UPにおいて上位クラスの改善を見せてくれています。auカブコム証券は「auPAYカードシリーズ」を使ってクレカ積立ができるのですが、カードランクや積立額に関わらず1%の還元率となります。

auの携帯回線のマネ活プランに入れば3%の還元率まで高められますが月額料金に見合わないと思うので考慮なしとします。。。

カードランク年会費ポイント還元率月間(年間)年間利益
ノーマルカード無料1%1,000pt(12,000pt)12,000pt
ゴールドカード11,000円1%1,000pt(12,000pt)1,000pt

よって、年会費がかからないノーマルカードで積み立てる方が圧倒的に高効率です。auカブコム証券のクレカ積立はシンプルに高還元なのが素敵ですね。

tsumiki証券

tsumiki証券ではエポスカードやJQCARDエポスでクレカ積立ができます。tsumiki証券でクレカ積立の上限が10万円/月になったタイミングは2024年1月でした。他社が追随できたのは2024年3月以降だったので2カ月ほどのアドバンテージがありました。また、そもそもtsumiki証券は国内初のクレカ積立サービス提供した証券会社なので、かわいい見た目して何気にクレカ投資の先駆者的存在です。

ただ、tsumiki証券のクレカ積立のポイントサービスは「がんばってるね!ポイント」といい下記の通りMAX還元を受けるには最大5年間の投資を継続しなければならないので根気のいる作業になります。

積立年数還元率
1年目0.1%
2年目0.2%
3年目0.3%
4年目0.4%
5年目0.5%

気を付けなければならないのは、上記積立年数のカウントは1年間で最低2回の積み立てを行わなければならないことです。また、がんばってるね!ポイントの還元は1年に1回まとめて行われ、途中で投資信託の売却を行った場合はその分を年間利用額から除外されてしまいます。それでも年に2回の買い付けさえ行っていれば、ポイント付与が0になってしまう計算だったとしても積立年数のカウント対象になるのは良心的かと思います。

また、tsumiki証券でクレカ積立に使える「エポスカード」及び「JQCARDエポス」にはそれぞれゴールドカードがあり、条件を満たせば無料でもてます。それぞれのゴールドカードには年間利用額に応じて下記還元される特典があり、その利用額にはtsumiki証券での積立額がカウントされます。

年間利用額還元ポイント
50万円以上2,500pt
100万円以上10,000pt

エポスカードゴールド及びJQCARDエポスゴールドの年間利用ボーナスとがんばってるね!ポイントを10万円/月(120万円/年)積み立てたと仮定すると最大で16,000pt貰える計算になります。すると、120万円に対して1.6万円相当のポイント還元になるのでおよそ1.33%の還元率になります。

ただし、エポスカードゴールド及びJQCARDエポスゴールドの年間利用ボーナスも「がんばってるね!ポイント」と同様に、年の途中で投資信託の売却を行った場合はその分を年間利用額から除外されてしまいます。

よって、最大還元を受けるには10万円/月を継続して積み立てたうえで1年に1回も売却を行わないという条件があることにはご注意ください。

大和コネクト証券

大和コネクト証券もtsumiki証券と同様に他社に先駆けて2024年1月からクレカ積立が10万円/月にupした証券会社です。

クレカ積立に使えるクレジットカードは「セゾン・UCカード」の発行する物なら原則対応しており、その対応数は証券会社の中でも圧倒的と言えるでしょう。しかしその分ややこしいことも事実です。何故なら使うカードによってポイント還元率も異なる上に、場合によっては還元されるポイントも異なります。

というのも、下記の通り年会費がかかる「セゾン・アメリカンエキスプレスカード」のようなカードを使うと1%の還元率で、その他年会費がかからないようなカードは0.5%となっています。

カードランク年会費ポイント還元率月間(年間)
一般的なセゾン・UCカードカードによる0.5%500pt(6,000pt)
セゾンプラチナアメリカンエキスプレスなどカードによる1%1,000pt(12,000pt)

そして基本的に付与されるのは「永久不滅ポイント」ですが、JQCARDセゾンシリーズで積み立てると「JRキューポ」が付与されます。

使うカードポイント種類
一般的なセゾン・UCカード永久不滅ポイント
JQCARDセゾンシリーズJRキューポ

以上を踏まえ大和コネクト証券でクレカ積立を行うのに最も高効率なカードはJQCARDセゾンGOLDと言えます。何故なら、JQCARDセゾンGOLDは年会費無料化可能かつ、利用額に応じて下記の年間利用ボーナスが付与対象からです。

年間利用額還元ポイント
50万円以上2,500pt
100万円以上10,000pt

これにより、クレカ積立時で10万円/月積み立てたと考えれば基本還元率の0.5%と上記の年間利用ボーナスを合わせて16,000円相当のポイントが得られる計算になります。

もちろん、大和コネクト証券も積み立て後に投資信託を売却してしまうとポイント付与対象外となります。ですが、この条件は先に述べたtsumiki証券よりも緩く、月ごとに判定されるので例えば1月買い付けたものを翌月2月に売却してもOKです。要は当月中に売却しなければokです。

なので、年間100万円の条件を達成するのは容易でしょう。

大和コネクト証券ではJQCARDセゾンGOLDを使ってクレカ積立すればポイント還元において最強クラスの特典を受けることが出来ます。

JQCARDセゾンGOLDはこちらの記事で解説している通りポイ活で最強クラスに便利なカードなので持っておくことをおすすめします。

管理人ならどこでクレカ積立を優先的に行うか

それぞれの証券会社で魅力的なクレカ積立が発表されましたが、さすがにすべてに10万円/月投入するのは不可能に近いですよね。。お金さえあれば全部に10万円投資する力業ができるのですが、管理人の財力ではそうはいきません。そこで的を絞ってクレカ積立をすることで効率的にポイントを稼ごうと思います。

結論から言うと管理人は下記優先順位で積み立て設定をします。

優先順位

  • SBI証券(NISA口座設定済み)
  • 楽天証券
  • 大和コネクト証券
  • auカブコム証券
  • マネックス証券(最大5万円/月まで)
  • tsumiki証券(基本積立は3,000円/月)

そして、各証券会社で使うカードは下記とします。SBI証券は詳細発表次第でクレカ積立に使うカードランクを変更する可能性がありますが、現状では下記内容とします。

証券会社使うカード積立設定額/月ポイント還元率理論月収
SBI証券三井住友カードゴールド(NL)10万円不明(現状1%)1,000pt
楽天証券楽天キャッシュ5万円2%程度1,000pt
大和コネクト証券マネックスカード10万円最大1.33%1,330pt
auカブコム証券auPAYカード10万円1%1,000pt
マネックス証券マネックスカード5万円1.1%550pt
tsumiki証券JQCARDエポスゴールド3,000円最大1.3%39pt
合計約40万円-約4,900pt
2024年3月8日時点

楽天証券はクレカ積立ではなく「楽天キャッシュ積立」を行います。こちらの記事で解説するようなお得技を使うと超高還元率化します。

積立設定額/月が恐ろしい数字になっていますがご安心ください。長期間Buy&Holdする予定なのはSBI証券のみです。その他の証券会社はさすがに即時売却はしないにしても、どこかのタイミングで売却して生活費に充てたりSBI証券に集約します。何故SBI証券に集約するかというと、私の場合はNISA口座をSBI証券にしているからです。

よって実質10万円の手出しで4,900pt稼げているとも考えられます。

では、何故上記優先順位になっているかというと、下記理由があるからです。

理由

  • SBI証券:NISA口座に設定している。また投信マイレージで投資信託保有残高に応じたポイント付与サービスが充実しているため、なるべく投資信託はSBI証券で保有したい。
  • 楽天証券:楽天キャッシュをこちらのお得ポイ活ルートで入手すると実質的に超高還元率で積み立て可能なため。
  • 大和コネクト証券:JQCARDセゾンGOLDを使えばクレカ積立の中では最高水準のポイント還元率を得られるため。また、同時にJQCARDセゾンGOLDの年間利用ボーナス100万円の利用実績稼ぎに貢献するため。
  • auカブコム証券:auPAYカードのノーマルカードで一律1%還元がシンプルに強力なため。
  • マネックス証券:5万円までであれば1.1%と高水準の還元率を得られるため。しかし、稼げるポイント数の総額は他の証券会社に劣るためこの順位とした。
  • tsumiki証券:売却するとエポスゴールドやJQCARDエポスゴールドカードの年間利用ボーナス実績から除外されてしまうため最下位とした。3,000円だけ積み立てるのは「がんばってるね!ポイント」の年数カウントを進めるため。

SBI証券はNISA口座としているの特別として、楽天証券がNo.2となります。今回のクレカ積立の改定と関係ありませんが、楽天キャッシュ積立で5万円/月まで投資設定できますが、お得技で入手した残高を使えば2%程度還元されるため強力なルートとなっています。

それ以降は単純に得られるポイント数とクレジットカードの年会費を天秤にかけた結果になります。

このようにそれぞれの証券口座の性質を理解したうえであなたに合った設定を行えば、あとは半自動でポイントが稼げるので是非検討してみてください。

あと、楽天証券の画面になりますが下記の通りとんでもない含み益が出ているのでBuy&Holdもいいものだなと思います。楽天証券はNISA口座にしていないので含み益は売却すると税金で20%程度持っていかれてしまうため、このままにしておきます。

参考 上記含み益の殆どは「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」によるものです。

証券口座及びクレカ申し込みは必ずポイントサイトで!

各証券口座及びクレジットカードは必ずポイントサイトを経由して申し込んでください。また、大和コネクト証券は下記紹介コードを入力すれば追加で500円貰えるのでご活用ください。

大和コネクト証券紹介コード

招待コード:BHWFQAAB

参考に下記にて2024年3月8日時点の各証券口座開設案件のポイント還元数を掲載します。各ポイントサイトの特色や新規登録キャンペーンなどはポイントサイト名をクリックすることで表示されます。

まずは証券口座の開設特典の下記記載します。

ハピタスポイントインカムワラウモッピー
SBI証券6,000円相当2,000円相当1,800円相当6,000円相当
楽天証券なし4,500円相当なし300円相当
マネックス証券5,000円相当6,000円相当6,700円相当10,000円相当
auカブコム証券10,500円相当9,000円相当9,000円相当10,000円相当
tsumiki証券なしなしなしなし
大和コネクト証券1,500円相当1,500円相当1,500円相当3,500相当
2024年3月8日時点

続いて各クレジットカードの申し込み特典を下記記載します。

ハピタスポイントインカムECナビワラウモッピー
三井住友カード(NL)2,800円相当2,600円相当2,000円相当2,400円相当2000円相当
三井住友カードゴールド(NL)4,500円相当3,800円相当3,800円相当3,800円相当3,500円相当
三井住友カードプラチナプリファード4,600円相当4,000円相当3,000円相当4,200円相当3,500円相当
Oliveフレキシブルペイ3,000円相当3,000円相当8,000円相当なし3,000円相当
楽天カード1,300円相当6,000円相当1,000円1,300円相当2,000円相当
楽天ゴールドカード1,500円相当6,500円相当なしなし5,000円相当
マネックスカードなしなしなしなしなし
auPAYカードなしなしなしなしなし
エポスカード公開不可公開不可公開不可公開不可公開不可
JQCARDセゾン(GOLD含む)なしなしなしなしなし
2024年3月8日時点

それぞれのポイントサイトの新規登録特典と組み合わせれば更に高還元で申し込めるので是非検討してみてください!

まとめ

クレカ積立が5万円/月⇒10万円/月に上限UPされると各証券会社より相次いで発表されました。以前より対応していた「tsumiki証券」と「大和コネクト証券」に加え、2024年3月4日時点では下記証券会社が対応を表明しています。

発表済み証券会社

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • tsumiki証券
  • 大和コネクト証券

さすがに全部の証券会社でMAX積立かつBUY&HOLDはきついですから、自分の予算内で無理なく積立を行いましょう。

おすすめ度No.1

特典1:期日中に1,000pt以上承認されると1,000pt付与!
条件:4月末までに1,000pt分以上広告利用のうえ、5月末までに承認されると1,000pt付与!

特典2:新規登録後7日以内にスタンプ3つ獲得で200pt付与!
新規登録7日以内にスタンプ1~3を獲得すれば200pt付与!

特典3:ハピタス認定ユーザー経由で100pt付与!
当サイト管理人はハピタス公式から「認定」を受けているため当サイトから登録で特典上乗せ!

特典1+特典2+特典3=最大1,300pt

おすすめ度はハピタスと同等!

特典1:入会ボーナス200円相当付与!
条件:紹介リンクから入会するだけで付与!

特典2:交換ボーナス100円相当付与!
条件:初めてポイント交換するだけで付与!

特典3:ポタスロットで最大10,000円相当付与!
条件:ポタスロット挑戦後に初めてのポイント交換を完了させる。(入会から3か月後末日期限)

特典1+特典2+特典3=最大10,300円相当プレゼント!

招待コード
rbf882169174

ゲーム案件おすすめ度No.1

紹介特典なし

※COINCOMEは新規登録者ではなく既存ユーザーに対して大盤振る舞いなキャンペーン(タイムセールなど)を開催して還元する傾向です。早めに登録して各種キャンペーンに挑戦することをおすすめします。

初心者にとにかく優しい!

特典1:友達紹介で登録すると最大1,000円相当付与!
条件:紹介リンクから入会or招待コード入力し、「はじめての方限定キャンペーン」をすべてクリアする。

招待コード
5QEB

還元額トップクラス!

特典①:招待リンク経由or招待コード入力後即時1,000pt付与
特典②:紹介経由で入会後5,000ptの交換で1,000pt付与!

①+②=最大2,000pt付与!

招待コード

TE13XFCT4NJ

会員数No.1

特典:招待コード入力後に条件満たすと2,000pt付与!
条件:入会の翌々月末までに5,000pt以上獲得

招待コード
WZN3A105

-クレジットカード, ポイント攻略, 副業・ブログ, 投資
-, ,