クレジットカード ポイント攻略

エポスゴールドカードとJQCARDエポスゴールドどっちを作るべきか!?違いとメリットを徹底比較

本記事にはアフィリエイトリンクが含まれており、記者に報酬が支払われる可能性があることをご承知願います。

エポスゴールドカードは条件を満たすと年会費無料で持てる貴重なクレジットカードです。それでいて「年間利用ボーナス」や「選べるポイントアップショップ」というポイ活目線で優れた特典を有するのでメインカードとなりうるカードです。

そんなエポスカードには「JQCARDエポスゴールド」という見方によっては上位互換とも言えるクレジットカードが存在します。

JQCARDエポスはJR九州と丸井グループの企業コラボカードで、基本的にJQCARDシリーズとエポスカードシリーズの特典の良いところ取りなカードです。

というわけで、結論として迷ったら「JQCARDエポスゴールド」をおすすめします!

ですが、先にも述べた通りJQCARDエポスゴールドは見方によれば「エポスゴールドカード」の上位互換になりうるだけで、場合によっては逆に損する場合があります。

よって、本記事では「JQCARDエポスゴールド」と「エポスゴールドカード」についてデメリットを踏まえて比較解説します。

こちらの記事で解説した通りエポスゴールドカードはJQCARDエポスゴールド化すればポイントを沢山貰いながら修行なしで入手できる貴重な年会費無料ゴールドカードです。

速報!

●【6月30日まで】本サイトからハピタス新規登録で2,000円+特別特典100pt=最大2,100円相当プレゼント詳しくはこちら

【特別URL】ハピタス登録はこちら

バンドルカードキャンペーン実施中!紹介コード入力で例えばアマギフ20%相当上乗せ併用可能!バーチャルカード発行でもOKなので参加しやすい!【詳細はこちら】

エポスゴールドカードとJQCARDエポスゴールドの基本性能比較

エポスゴールドカードJQ CARDエポスゴールド
券面
ポイント還元率0.5%0.5%
還元ポイントエポスポイント(有効期限:無期限)JRキューポ(有効期限:獲得から2年)
申し込み方法自己申し込み or インビテーション 自己申し込み or インビテーション
年会費5,000円
※インビテーション経由
or
年間50万以上利用すれば永年無料化可能
・初年無料
・2年目以降は年に1度も利用が無ければ5,000円)
※インビテーション経由なら永年無料
ゴールドカード特典・年間利用ボーナス
・選べるポイントアップショップ
・ファミリーボーナスポイント
・その他空港ラウンジ無料特典など
・年間利用ボーナス
・選べるポイントアップショップ
・ファミリーボーナスポイント
・その他空港ラウンジ無料特典など

エポスゴールドカードとJQCARDエポスゴールドは特典にほとんど違いがありません。例えば基本還元率は0.5%ですし、年間利用ボーナスや選べるポイントアップショップ、ファミリーボーナスポイントといった主要な特典は共通しています。

もちろん、家族内でエポスゴールドカードとJQCARDエポスゴールドカードが混在していても、1つの家族グループに入れます。

とは言ったもののはっきりと違う部分もあるので下記まとめました。

エポスゴールドカードJQ CARDエポスゴールド
還元ポイントエポスポイント(有効期限:無期限)JRキューポ(有効期限:獲得から2年)
ポイント付与時期早い(目安1か月以内)遅い(目安2か月後)
初年度年会費5,000円
但しインビテーション経由なら無料
無料
2年目以降年会費5,000円
但しインビテーション経由
or
前年に50万円以上利用したなら無料
5,000円(年1回利用で無料)
但しインビテーション経由なら無料
カードランクアップエポスプラチナカード化可能なし
JQCARD機能なし・定期券月SUGOCAへのオートチャージ
・アミュプラザで割引や駐車場無料など
・JR九州新幹線チケット割引

上記比較表の通り、大きな違いは還元ポイントの種類です。エポスカードはエポスポイントが付与され、JQCARDエポスはJRキューポが付与されます。JRキューポは有効期限が獲得から2年なので失効の恐れがあるのはデメリットでしょう。

また、ポイントの付与時期はエポスゴールドカードの方が1か月程度早いです。JQCARDエポスゴールドの場合は利用してからポイント付与まで2カ月程度かかるので、忘れたころに付与されるイメージです。

年会費周りはJQCARDエポスゴールドの方が優れており、こちらの記事で解説した通りインビテーションを経由せずとも初年度無料で持てるのは大きな強みです。2年目以降も年間1回でも使えば年会費無料ですし、もはやこれだけでエポスゴールドカードを使うよりも敷居が低いように思えます。

カードのランクアップはエポスカードのみ「エポスプラチナカード」化できます。

JQCARDエポスはゴールドカードが最上級カードなのでここをどう考えるかですが、エポスカードのプラチナカードは3万円なのでポイ活目的で考えれば費用対効果はあんまりないカードなので問題ないかなとは思います。

JQCARDエポスゴールドが完全上位互換と言えない理由

JQCARDエポスゴールドにはエポスゴールドカードの完全上位互換とは言い切れない理由があります。

本項では私がJQCARDエポスゴールド使っていて感じたデメリットを下記3つ解説します。

デメリット

  • プラチナカードがない
  • JRキューポはエポスポイントよりも付与に時間がかかる
  • 家族ポイントシェアで即時反映できなくなる

プラチナカードがない

一番大きなデメリットはJQCARDエポスには「プラチナカード」がないことでしょう。

一方、通常のエポスカードならば年会費3万円もしくはインビテーション経由で2万円払えばエポスプラチナカードを保有できます。エポスプラチナカードは基本性能こそ通常のエポスカードと変わりないものの、エポスゴールドカードの特典に加えて下記の通り年会費に見合うプレミアムな特典が付帯します。

付帯特典

  • プライオリティパス(プレステージランク)が1枚もらえる
  • 年間利用ボーナスが拡大(最大10万ポイント貰える)
  • コンシェルジュサービスが使える
  • 高級レストランやホテルの特典利用できる

特記すべきは「プライオリティパス」と「年間利用ボーナス枠の拡大」でしょう。

プライオリティパスは詳しくは下記リンクからご覧いただきたいのですが、要はエポスゴールドカードに付帯した空港ラウンジ特典がより強化された特典が利用できるものです。プライオリティパスは通常申し込みすると日本円で4~7万円/年程度かかりますが、エポスプラチナ会員はそれが無料で付帯するので、本特典をよく使うのであればエポスプラチナカードを持つべきと言えてしまいます。

また、ゴールドカードの付帯特典では主に国内空港ラウンジが利用できましたが、プライオリティパス保持者ならば海外の多くの空港でもラウンジに入れます。しかもVIPクラスなど格式の高いラウンジに入れるのでより優雅に時間をつぶせるでしょう。

年間利用ボーナスに関しては、下表の違いがあります。ゴールドカードは100万円達成時が最高ポイント付与額ですが、プラチナカードは1,500万円利用時が最高ポイント付与数です。1,500万円も使うのはよほどのお金持ちしか考えられないので通常利用の範囲では実質上限無しで特典を受けられます。

ゴールドカードプラチナカード
50万円2,500ptなし
100万円10,000pt20,000pt
200万年なし30,000pt
300万円なし40,000pt
500万円なし50,000pt
700万円なし60,000pt
900万円なし70,000pt
1,100万円なし80,000pt
1,300万円なし90,000pt
1,500万円なし100,000pt

因みにゴールドカードとの損益分岐点は200万円利用時と言われています。本記事ではあえて計算しませんが、目安の数字として覚えておくとよいでしょう。

他にも「コンシェルジュサービス」や「高級レストランやホテルの特典」が利用できます。これはあったら便利程度の特典なので特に深く書きませんが、高級レストランの特典は面白いので少しだけ紹介します。

高級レストラン特典は「プラチナグルメクーポン」というものを示し、全国約100店舗の高級レストランにてプラチナカード保持者と同伴者の計2名以上の来店で、カード保持者本人のコース料理が無料になる特典です。

毎年コンスタントに使えれば魅力的な特典でしょう。

JRキューポはエポスポイントよりも付与に時間がかかる

エポスカードとJQCARDエポスは貯まるポイントが異なる関係からか、ポイント付与時期も異なります。具体的にまとめたものが下表になりますが、基本的にJQCARDエポスの方が1か月遅れて付与されるイメージです。

エポスカードJQCARDエポス
通常還元分支払日の1週間後支払い日の翌々月1日
選べるポイントアップショップ分翌月20日頃2か月後上旬
年間利用ボーナス集計終了月の翌々月中旬集計終了月の3か月後初旬

通常還元分についてはカード利用額の支払日をいつに設定しているのかによりますが、エポスカードは基本的に支払日の1週間後に付与されます。例えば支払日を27日に設定しているとして、1/28~2/27の利用分が3/6に付与されます。

JQCARDエポスの場合は支払日が27日なので例えば1/28~2/27の利用分が4/1に付与されます。

このように、JQCARDエポスはエポスカードよりもポイント付与が1か月程度遅れるので、若干不便に感じるかもしれません。ただ、間違いなくポイントは付与されますし大きく問題に感じたことはありません。もちろんポイント付与が早いことに越したことはありませんが、それ以上にJRキューポが便利なので我慢できます。

家族ポイントシェアが即時交換できなくなる

地味に痛手に思うのが、家族ポイントシュアが即時交換ではなくなることです。これは、エポスゴールドカード会員同士ならファミリーゴールド会員あてにポイントシェア申請すれば即時で交換完了できるためお互いに安心できるのですが、例えばエポスカード会員⇒JQCARDエポス会員にシェア申請すると「手続した月の3か月後の初旬」までかかります。

さすがに即時交換と3か月後の初旬とでは大きな差がありますし、初めて交換申請する場合は特に交換完了まで不安に感じるかもしれません。

エポスカード会員同士なら即時反映されるので、JQCARDエポス会員へもせめて1か月後には交換反映完了できればうれしいのですが。。

ここはこういう仕様だと割り切って使うしかないですね。

上記デメリットを鑑みてもJQCARDエポスゴールドが優れている理由

上記にてJQCARDエポスゴールドにはデメリットがあることを述べましたが、それでもほとんどの方に対しておすすめできるカードであると断言できます。何故なら、下記の通りプラチナカード特典は別のクレカで代用できることと、JRキューポが優秀すぎるからです。

理由

  • プラチナカード特典の特典の一部は他のクレカで代用可能
  • JRキューポが優秀すぎる

それぞれ簡単に解説します。

プラチナカード特典の殆どは他のクレカで代用可能

エポスプラチナカード目立った特典として下記が挙げられましたが、その一部は他のカードで代用できます。

付帯特典

  • プライオリティパス(プレステージランク)が1枚もらえる
  • 年間利用ボーナスが拡大(最大10万ポイント貰える)
  • コンシェルジュサービスが使える
  • 高級レストランやホテルの特典利用できる

その一例が「三井住友カードプラチナプリファード(NL)」と住信SBIネット銀行の「プラチナデビットカード」を発行する方法です。

それぞれの特典を組み合わせることでエポスプラチナカードの特典を一部カバーできるのです。

三井住友カードプラチナプリファード(NL)でカバーできる特典

三井住友カードプラチナプリファード(NL)でカバーできるのは年間利用ボーナス枠拡大です。カード自体の特徴としては下表の通りで、年会費33,000円かかるクレジットカードです。基本ポイント還元率が1%であることが地味に大きいでしょう。エポスカードシリーズは0.5%なのでこの時点でポイント還元率が底上げされていることになります。

三井住友カードプラチナプリファード(NL)
券面
ポイント還元率1%
還元ポイントVポイント
申し込み方法自己申し込み
年会費33,000円
主な特典・コンビニ飲食店でポイント最大20%還元
・年間利用ボーナスで最大4万pt還元
・SBI証券のクレカ積立で最大3%還元(最大3万6千pt/年)
・プリファードストアで最大9%追加還元

本カードの特に大きな特典はコンビニ飲食店でポイント最大20%還元と年間利用ボーナスで最大4万ポイント還元、SBI証券のクレカ積立で最大3%還元(最大3万6千pt/年)です。プリファードストアでETC利用時にポイント還元率+2%されるのも強力な特典でしょう。

年間利用ボーナスは下表の内容で還元されます。上限はエポスプラチナカードよりも低いものの、必要十分にあると思います。

利用額還元ポイント
100万円10,000pt
200万年20,000pt
300万円30,000pt
400万円40,000pt

また、改悪があったとはいえSBI証券でのクレカ積立で3%還元されるのが本カードの最も強力な特典と言えます。何故なら、本特典で年会費の殆どをカバーできるからです。というのも、本カードの年会費は33,000円ですが、SBI証券でのクレカ積立で年間36,000円相当のポイントを稼げます。よって、実質的に年会費0円相当と考えることができ、それで年間利用ボーナスが最大4万ポイント稼げたり、基本還元率が1%だったりで人気なカードです。

ただし、本カードには「プライオリティパス」や「コンシェルジュサービス」、「高級レストランやホテルの特典利用」がありません。

そこで次に紹介する住信SBIネット銀行の「プラチナデビッドカード」が役立ちます。

住信SBIネット銀行のプラチナデビットカードでカバーできる特典

住信SBIネット銀行のプラチナデビットカードでカバーできるのはプライオリティパスと高級レストラン特典です。本カードは「デビットカード」ながらプレミアムな特典が複数付帯する強力なカードです。そのうえ、モバイル端末の保険が付帯するので隠れ有能カードです。そういった特典を有する分年会費が11,000円かかりますが、例えばモバイル保険代として考えればそれだけで安価であると感じるのではないでしょうか?

プラチナデビットカード
券面
ポイント還元率1%
還元ポイントスマプロポイント
申し込み方法自己申し込み
年会費11,000円
主な特典・プライオリティパス(回数制限付き)
・ダイニング by 招待日和
・モバイル端末の保険(上限:10万円/年)

まず、本カードにはプライオリティパスが発行されます。ただし、エポスプラチナカードの特典とは異なり、こちらは年間3回までしか利用できない回数制限付きのプライオリティパスです。そこをどう考えるかによって本特典の価値は変わりますが、プライオリティパスが活躍するのは主に海外旅行なので、3回も使えれば十分じゃないかなとは思います。

続いてダイニング by 招待日和が年に1回使えます。これはエポスプラチナカードでいう「プラチナグルメクーポン」に相当します。こちらも完全にエポスプラチナカードの特典と同じ内容ではないですが、同等のサービスを受けられます。

他にも先ほど述べた「モバイル端末の保険」が付帯するのですが、本カードを作るのはこの特典があるからという理由がほとんどだというくらい魅力的な特典です。

というのも保険対象が本カードでの支払いを問わず「無線通信(Wi-Fi)」接続が可能な通信端末であるうえ、家族の端末でもOKです。これはつまり、子どもに使わせるNintend Switchやタブレットなども対象ということです。壊したりなくされたとしても免責金額なしで保証されます!

中古購入品は非対応です。またメーカー発売日から5年以内のものに限ります。

もちろんスマートフォンやパソコンも当然のように補償の対象なので、一長一短ですが考えようによってはApple Careなどよりもこちらに入ったほうがApple製品以外にも補償範囲が広げられ実用的な保険と言えるでしょう。

というわけで、エポスプラチナカードの特典をカバーしたうえでモバイル端末補償もついてくる素晴らしいサービスです。

JRキューポが優秀すぎる

エポスポイントよりもJRキューポの方が圧倒的に優秀です。何故そのようなことが言えるかというと、例えば下図のようなことが出来ます。Tポイントを使ったウエル活は有名ですが、永久不滅ポイントを使ったお得ルートはあんまり騒がれていないので目にする機会は少ないかもしれませんがかなりのお得度です。

ポイントサービス統合により上図のTポイント部分をVポイントに読み替えてください。

こういう交換ルートはJQCARDエポスゴールドで貯まる「JRキューポ」だからこそできる裏技的運用なので、明らかにエポスポイントを貯めるよりもお得です。

永久不滅ポイントからMUJIショッピングポイント及びTOHOシネマズ映画観賞券にお得に交換するには条件と注意点があるのでこちらの記事をご参考ください。

まとめ

エポスゴールドカードにはJQCARDエポスゴールドもありますがどちらを作るべきか迷ったとしても基本的に「JQCARDエポスゴールド」をおすすめします。

理由は、エポスカードの優秀なポイント付与特典を活用しつつJRキューポを貯めることが出来るからです。

ただし、JQCARDエポスにはプラチナカードが存在しないことと、JRキューポのポイント付与が遅いデメリットがあるので、そういった点を踏まえて自分に合ったカードを選びましょう。

まだエポスカードシリーズを持っていなくても、こちらの記事の方法なら簡単に年会費無料化したうえで発行できるのでおすすめです。

おすすめ度No.1

特典1:期日中に1,500pt以上承認されると追加で1,800pt付与!
条件:6月末までに1,500pt分以上広告利用&承認されると1,800ptが追加で付与!

特典2:新規登録後7日以内にスタンプ3つ獲得で200pt付与!
新規登録7日以内にスタンプ1~3を獲得すれば200pt付与!

特典3:ハピタス認定ユーザー経由で100pt付与!
当サイト管理人はハピタス公式から「認定」を受けているため当サイトから登録で特典上乗せ!

特典1+特典2+特典3=最大2,100pt

おすすめ度はハピタスと同等!

特典1:入会ボーナス200円相当付与!
条件:紹介リンクから入会するだけで付与!

特典2:交換ボーナス100円相当付与!
条件:初めてポイント交換するだけで付与!

特典3:スタートダッシュキャンペーンで最大2,000円相当付与!
条件:今月中に10,000pt以上の広告案件利用で付与!

特典1+特典2+特典3=最大2,300円相当プレゼント!

招待コード
rbf882169174

ゲーム案件おすすめ度No.1

紹介特典なし

※COINCOMEは新規登録者ではなく既存ユーザーに対して大盤振る舞いなキャンペーン(タイムセールなど)を開催して還元する傾向です。早めに登録して各種キャンペーンに挑戦することをおすすめします。

初心者にとにかく優しい!

特典1:友達紹介で登録すると最大500円相当付与!
条件:紹介リンクから入会or招待コード入力し、「はじめての方限定キャンペーン」をすべてクリアする。

招待コード
5QEB

還元額トップクラス!

特典①:招待リンク経由or招待コード入力後即時1,000pt付与
特典②:紹介経由で入会後5,000ptの交換で1,000pt付与!

①+②=最大2,000pt付与!

招待コード

TE13XFCT4NJ

会員数No.1

特典:招待コード入力後に条件満たすと2,000pt付与!
条件:入会の翌々月末までに5,000pt以上獲得

招待コード
WZN3A105

-クレジットカード, ポイント攻略
-, ,